監督・脚本家
富田 未来Miki Tomita
1991年3月12日生まれ、神奈川県出身。高校を卒業後、俳優の道へ進む。映像の現場を経験し自身で作品を制作したいと思い、脚本を書き始める。2018年、ショートショートフィルムフェスティバルブックショートアワードに入選した自身の作品『空は青とは限らない』を短編映画として自主制作し、2019年スペインマドリード国際映画祭外国語短編部門に選出。その後、映画と音楽の祭典、MOOSIC LAB 2019 短編部門にて『ビート・パー・MIZU』を制作、2021年にも短編映画『泣いたことがないなんて、嘘つきめ』を制作した。
受賞歴
映画『ビート・パー・ MIZU』
門真国際映画祭 最優秀女優賞、最優秀編集賞
MOOSICLAB 2019 審査員特別賞、最優秀女優賞、ミュージシャン賞
映画『泣いたことがないなんて、嘘つきめ』
MOOSICLAB [JOINT] 2020→2021 ミュージシャン賞
作品
| 映画 |
2021
『泣いたことがないなんて、嘘つきめ』(監督・脚本)
2019
『ビート・パー・MIZU』(監督・脚本)
2018
『空は青とは限らない』(監督・脚本)
| ドラマ |
2022
ホラーイヤードラマ NUMA『そこに誰かいる』(脚本・演出)
| 舞台 |
2022
Dm7 プロデュース『リザンテラ』シアター711(脚本・演出)
2022
倉山創作活動隊『単純明快なラブストーリー』下北沢スターダスト(演出)
| MV |
2021
エリアンナ 『You and I』(監督・編集)
2021
エリアンナ 『Love Letter In Secret』(監督・編集)
2019
とけた電球『焦がれる』MOOSIC LAB 2019 「ビート・パー・MIZU」コラボMV(監督・編集)
舞台|STAGE
『リザンテラ』
脚本・演出:富田未来
ドラマ|DRAMA
『そこに誰かいる』
脚本・演出:富田未来
映画|MOVIE
『泣いたことがないなんて、嘘つきめ』
監督・脚本:富田未来
映画|MOVIE
『ビート・パー・MIZU』
監督・脚本:富田未来