監督・脚本家
小村 昌士Masashi Komura
1992年大阪府出身。大阪芸術大学映像学科を卒業後、ENBUゼミナール映画監督コースに入学。これまでに数本の監督作と脚本作、また役者としての出演作がある。15年、脚本として参加した大学の卒業制作作品『APOLO』が、第28回東京学生映画祭入選。16年、第12回CO2助成作品『食べられる男』に脚本で参加。ニッポンコネクション2016ニッポン・ヴィジョンズ審査員特別賞を受賞。21年、初の長編監督映画『POP!』はMOOSIC LAB[JOINT]2020-2021グランプリ・最優秀女優賞を受賞した。シニカルな目線で描くコメディ作品を得意としている。
受賞歴
映画『APOLO』
第28回東京学生映画祭入選
映画『食べられる男』
ニッポンコネクション2016ニッポン・ヴィジョンズ審査員特別賞
映画『POP!』
MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021グランプリ・最優秀女優賞
作品
| 映画 |
2021
『POP!』(監督・脚本)
2019
『アテンションプリーズ』(監督・脚本)
2017
『レオ』(監督・脚本)
2016
『ツヨシ、夏』(監督・脚本)
2016
『食べられる男』(脚本)
2015
『APOLO』(脚本)
| MV |
2018
ラストアイドル 相澤瑠香個人PV『富小路物語』(監督・脚本)
| その他 |
2021
YouTubeソーシャルドラマ『エミリと太陽』(監督・原案・編集)
映画|MOVIE
『POP!』
監督・脚本・編集:小村昌士
ドラマ|DRAMA
『エミリと太陽』
監督・原案・編集:小村昌士 脚本:岡本昌也