演劇作家・演出家・映像作家
神保 治暉Haruki Jimbo
1994年12月28日生まれ、埼玉県出身。2019年よりアートチーム「エリア51」を発足、演劇作家として参加。ドキュメンタリー的な手法でリアルとフィクションの境を曖昧にしつつ、映像と演劇を織り交ぜる手法を模索している。旗揚げ公演『ノゾミ』はクラウドファンディングの支援金をもとに上演。その後、ZOOM配信劇、古民家ギャラリーでの展示演劇、民家からの演劇配信、原宿DESIGN FESTA GALLERYでのフェス演劇などのクリエイションに挑み、表現形態のさらなる可能性を探った。MVや劇中映像などの映像脚本、作曲、振付、ダンサー出演などジャンルを問わず活動。2019・2021年のNEWSのライブツアーでは出演と振付アシスタントを兼任。今後は、舞台の演出をベースにしつつ映像作家としても活動していく。
受賞歴
三好十郎作『胎内』の演出
演劇人コンクール 奨励賞
演劇『書を捨てよ町へ出よう'16』
日本大学芸術学部川野希典賞
作品
| 舞台 |
2021
エリア51 舞台『カモメ』浅草九劇(作・演出)
2021
エリア51 KAMOME『女 ME』Café Hammock(作・演出)
2021
エリア51 KAMOME『喪』DESIGN FESTA GALLERY(作・演出)
2020
エリア51『イッポンのマイク(フェルマータ)』都内某民家(作・演出)
2020
エリア51 KAMOME『家』rusu(作・演出)
2020
エリア51 配信劇『ハウス』Zoom無料配信(脚本・演出)
2019
エリア51『ノゾミ』Geki地下Liberty(脚本・演出)
2016
『書を捨てよ町へ出よう'16』日本大学芸術学部卒業制作(演出)
舞台|STAGE
『エリア51 KAMOME『女 ME』』
作・演出:神保治暉
舞台|STAGE
『舞台 カモメ』
作・演出:神保治暉