監督・脚本家
石橋 夕帆Yuho Ishibashi
1990年神奈川県生まれ。2015年、『ぼくらのさいご』が田辺・弁慶映画祭コンペティション部門映画.com賞を受賞、横濱HAPPY MUS!C映画祭音楽映像部門最優秀賞を受賞。2017年、『水面は遥か遠く』がShort Shorts Film Festival & Asia 2017 ミュージックショート部門奨励賞を受賞。2018年、MOOSIC LAB 2018 長編作品として映画『左様なら』を監督。アップリンク吉祥寺ほか全国20館以上で公開された。MVや広告案件のほか、NHK・BSプレミアム『プレミアムステージ』の収録ディレクターを務めている。
受賞歴
映画『フレッケリは浮く。』
第五回知多半島映画祭コンペティション部門入選、第二回新人監督映画祭コンペティション部門入選
映画『ぼくらのさいご』
田辺・弁慶映画祭コンペティション部門 映画.com賞受賞、横濱HAPPY MUS!C映画祭音楽映像部門 最優秀賞受賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭短編コンペティション部門入選、第二回新人監督映画祭フォアキャスト部門入選、福岡インディペンデント映画祭2015入選
映画『水面は遥か遠く』
Short Shorts Film Festival & Asia 2017 ミュージックショート部門 奨励賞受賞
映画『左様なら』
MOOSIC LAB 2018長編部門作品、第14回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門入選、第34回高崎映画祭正式招待
作品
| 映画 |
2011
短編『世界が終わる夜に』(監督・脚本)
2012
短編『溺れる魚、赤い夢』(監督・脚本・編集)
2012
短編『フレッケリは浮く。』(監督・脚本)
2015
短編『ぼくらのさいご』(監督・脚本・編集)
2016
短編『それからのこと、これからのこと』(監督・脚本)
2017
短編『atmosphere』(監督・脚本)
2017
短編『水面は遥か遠く』(監督・脚本・編集)
2017
短編『いずれは消えてしまうすべてのものたちへ』(監督・脚本・編集)
2018
短編『閃光』(監督・脚本・編集)
2018
長編『左様なら』(監督・脚本)
2021
短編『不安定なせいかつ』(監督・脚本)
| 舞台 |
2020
『川澄くんの恋人』(作・演出)
| ドラマ |
花譜(2nd ONE-MAN LIVE不可解弍REBUILDING Q1:RE)ショートドラマ『形を失った世界で僕らは』
埼玉県若年僧ワクチン接種に関するショートドラマ『変わる世界とわたしの日常について』
| MV |
Novelbright『ハミングバード』(フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング)
Novelbright『愛結び』
Novelbright『ワンルーム』
GIRLFRIEND『Figure』(映画『地獄少女』主題歌)
SKE48『じゃないロマンティック』(バンテリンドームナゴヤ・イメージソング)
notall『電光石火ちょうだい』
| 広告 |
オータグループイメージPV『ここで出会う誰かと』
ザザホラヤ・ORDER BOX WebCM『スーツを仕立てた。恋が動き始めた。』(翔太編&愛佳編)
中小企業活力向上プロジェクトショートドラマ『小さな魔法』
森永乳業ピノWebCM『ストロベリームーン〜その願い叶うかも。』
| その他 |
NHK・BSプレミアム『プレミアムステージ』収録ディレクター(2019年〜)
映画|MOVIE
『左様なら』
監督・脚本:石橋夕帆